おもしろき こともなき世を おもしろく

教育関連、マスコミ、その他日常感じたことを綴る雑記です。

【詐欺解説】送り付け詐欺

勝手に商品を送りつけておいて、代金を請求してくるのがこの手の詐欺。

歴史は古く、少なくとも昭和四十年代には存在していた。

 

当時扱われていた商品は主に百科事典で、これは巻数が多いことから使われた。

どういうことかというと、全四十巻、あるいは五十巻といった商品の第一巻をまずは送り付けておき、断りの電話がない場合は第二巻、第三巻と送り続けていく。

もちろん代金を請求して。

 

最初、届いたときは無料と勘違いしてしまう。あるいは実際に無料と書かれていることもある。

だが、第二巻以降が無料であるとはどこにも書いていない。

途中で断ったとしても、「すでに受注と考えて全巻分の発注はすんでいるから、仮にいらないと言われても、その分の代金を払ってもらわないと困る」と言われることになる。

 

現代ではさらに悪質化している。

というのも、少なくとも百科事典は無価値ではないし、役に立つ可能性もある。だから「送り付け商法」という言われ方をした。

悪質ながら商売の範疇に入っていたのだ。

だが、今では無価値で受け取ってもどうしようもないものが商材になっている。

 

ボールペンを一本入れて代引きで発送し、五千円から一万円を騙し取るものなど、どう考えても騙し以外の何物でもない。

最近では返品の難しい生鮮食品を扱うことで回収率を上げている。

 

アンケート調査と称して連絡したり、懸賞を装うこともある。

カニはお好きですか」という問いかけが、詐欺の入り口になっているのだ。

 

この手の詐欺に対しては、受け取らないというのが一番の対抗策になる。

特に代引きは一度受け取って支払ってしまうと、返金を求めるのは難しい。

実際配達員から、その旨を伝えられる。

 

覚えのない商品なのだから拒否すればいいのだが、アンケートに応募したことから「もしかすると…」と考えさせることも狙いになっている。

金銭的にも十分に支払い可能な額なのが特徴でもある。

 

代金を支払わずに相手の名前を確認させてもらい、連絡をとることが肝要だ。

少しでも不審なら断固拒否。もちろん身内や友人に相談することも役立つだろう。

【詐欺解説】コンプレックス商法

昭和どころか明治、むしろ江戸時代から存在するのがコンプレックス商法だ。

 

簡単に言えば「背が伸びる」「痩せる」「胸が大きくなる」「毛が生える」「男性機能が増大する」といった類のもの。

 

もちろん、嘘だ。

だが、相変わらず広告は大手雑誌に平然と掲載されている。「運が開ける」といったものも増えている。

 

業者も巧みで「60日間返金保証」とあったりするが、60日後にはすでに会社がなかったりするからあなどれない。

 

人間が気にしているところを突くからコンプレックス商法と呼ばれているのだが、エステ産業や美容整形も根源的にはコンプレックス商法から遠くない産業である。

 

この手の、特に通販広告は引っかかると困るのだが、始めから嘘と分かっていて見るとそれなりに面白い。

特に「運が開ける」グッズはおもしろい。

札束をベッドにまいてにんまりする男、美女を抱えて得意満面の男。

 

ステレオタイプもここに極まれり、というところだ。

しかも、これだけすごい運(宝くじ高額当選、美女がどんどん寄ってくる、起業に成功して上場間近)が、わずか1万か2万のペンダントやブレスレットで得られるというのだから、笑うしかない。

 

神社のお札も似たようなものだと嘯いた業者もいたが、とんでもない話で、苦しいときの神頼みというのは、願望であり、実現約束ではない。

「うちの神社のお札を買った人は、誰も交通事故にあっていません」などと宣伝する神社はないし、少なくとも聞いたことはない。

 

こうしたコンプレックス商法や開運商法というのは、オカルトであり迷信に近いものがある。

詐欺はコンプレックスと選民意識が大切で、弱点を責めるか、選ばれた人という優越感を利用するかなのだ。

 

ここ数年で見ると痩せられる、禁煙できる、がいいビジネスになっているようだ。

本物もあるが、偽物もかなり混じっている。

タレントを使ってさも成功したように見える広告で、いかにもそれらしくしているが、内容はろくでもないものが多い。

 

コンプレックスを克服することは大切かもしれない。

しかし、そのコンプレックスだけが問題なのかどうか、よく考えることのほうがもっと大切だ。

仮に背が伸びたとして、胸が大きくなったとして、痩せられたとして、それ「だけ」で人生が変わるのかどうか。

人間というものが、そんなに単純な生き物だとは思いたくないものだ。

【詐欺解説】ブライダル詐欺

ブライダル詐欺(結婚詐欺)は、男女いずれが詐欺師であったとしても、財産と貞操が奪われるという結末からもわかるように、肉体的にも精神的にも大きなダメージのある詐欺である。

 

かつては街頭のナンパから始まり、趣味の共通するサークルやスポーツクラブといった複数人の集まる場所でターゲットを見つけることが多かった。

しかし、最近では婚活サイトを利用し、より確実な騙しを狙っている詐欺師が増えている。

特に「婚活」の動きから婚活パーティを利用し、カモを見つける詐欺師もいる。

 

結婚詐欺師の狙いはもちろん相手の保有する資産である。

金持ちの御嬢さんと思いがちだが、良家の子女は周囲がうるさく騙しにくい。

だから婚期を逃したOLなど、小金を貯め込んだ女性が狙われやすい。

 

男ならば両親が没して遺産相続した一人っ子中年などが一番の狙いどころとされている。

 

詐欺師に騙されないためには、相手の身の上をチェックすることが重要になる。

多くの事件で勤務先への電話がきっかけで逮捕に至っている。

通常の恋愛と違って、結婚を前提に知り合う場合は、特に身の上が本当かどうかのチェックは重要だということだ。

 

また、結婚にまつわるビジネス全体が詐欺的な側面を持っているわけで、結婚というイベントについては舞い上がるとぼったくられることになるので、冷静さが重要になる。

 

一生に一度のことだから、という気持ちもわかるが、実際にはスタート地点に過ぎない。

そこから長く続く人生のほうが大切なのは言うまでもなく、ぼったくり結婚ビジネスに大金を払うメリットなどどこにもないのである。

【詐欺解説】粉飾決算・架空取引詐欺

架空取引というのは、基本的に数ある粉飾決算の中の一手口だ。

 

粉飾決算とは、上場企業が株価の高値を維持したり、非上場であっても銀行融資を引き出すために行うもの。

売り上げを水増ししたり、コストを安くしたりして決算書を優良に見せかけるわけだが、もっとも効果的と言われているのが、子会社や関連会社を使った架空取引だ。

 

簡単にいうと架空取引は次のように利用される。

 

売上高が不足している場合、実際には存在しない売り上げを伝票上操作する。

そして、決算が終了するとキャンセル扱いになる。

結果的に実際に利益は発生しないのだが、帳簿上は利益が発生したことになるのだ。

期末になると行われるが、場合によって、融資を引き出すために、数か月にわたって帳簿上の取引を行っておき、融資が決定した後に全てをキャンセルや返品として処理することもある。

 

これを詐欺として行う場合には、親会社から金を抜き取ることが多い。

つまり、親会社から指令を受けて架空の売り上げを計上する場合に、取引先と結託して金額を水増しし、キックバックやリベートを取るのだ。

本当の架空取引ならば、金銭のやり取りは発生しないのだが、そこまでやるとバレる可能性が高いため、帳簿の1割2割程度の取引は実際に行うことになる。

その取引に上乗せして金を抜き取るのだ。

 

 

粉飾とは全く関係のない詐欺にも使われる。

悪質なものだと、受け取った商品を在庫扱いにしておき、転売するというものだ。

在庫のチェックが甘い企業や役所で行われる。

こうなると、見た目は商取引に見えるが、実際は単なる会社への背任行為である。

 

架空取引に協力していた企業が、スケープゴートとして切られることも珍しくない。

会社ぐるみで行われていながら、担当者の責任にされることもある。

 

結局のところ、市場優先主義で株価が何よりも大切にされたり、書類上問題がなければ融資が実行されるといった、全体のシステムが生み出している詐欺と言えるだろう。

 

粉飾決算や架空取引に協力するのが危険なのは言うまでもないが、仮に上司に命令されても、実行すれば担当者として処罰される上に、場合によっては全責任を問われることもあり得るのだ。

【詐欺解説】劇場型詐欺

劇場型詐欺という言葉がある。

 

まるで劇の一部であるかのような、様々な役割を持った人間が登場し、物語を見ているような錯覚を起こしてしまう犯罪のことだ。

日本での代表的な例は、キツネ目の男で知られる「グリコ・森永事件」だろう。

 

詐欺も劇場型が増えている。

言うまでもなく振り込め詐欺は完全な劇場型だ。

本人役、警察役、弁護士役、医者役など様々な役者が登場する。

いくら劇場型といえど、詐欺は第三者もあまり楽しむことはできない。

 

この劇場型で目に付くのは利殖商法だろう。

高齢者を対象にした悪質なものが多く、イラクディティールやスーダンポンドなどの外貨紙幣をネタにしたもの、マカオカジノ利権など投資をネタにしたものがよく知られる。

これらの特徴は売り手と買い手が巧妙にタッグを組み、被害者を囲い込んでいくところだ。

 

電話勧誘とパンフレットがまず登場する。

突然の利殖話に首を捻っていると、今度は買い手が登場。

ありそうな名前を名乗って「もし買ったのなら、是非とも譲った欲しい。金額は相談に乗るが、とりあえず5倍くらいを考えている」と持ちかけてくる。

 

これだけではまだ疑問符がつくが、さらに別業者からも連絡してくる。「〇〇という会社から買い取りの連絡がなかったですか?ああ、やっぱり、5倍ですか?くそ、あ、失礼。では、うちは7倍出します。お願いします」

 

こうした連絡が、いかにも会社からかかってくるような喧騒とともに何度もかかってくる。

 

なにしろ、長期の投資とは違う。買えばすぐにでも数倍になるのだ。

目の前に利益がある。複数の買い手がいるということは、すなわち市場として成立していることの証明にもなっている。

 

相談相手がおらず、孤立化して、しかしとりあえず蓄えはある。

そんな高齢者が狙われてしまう。

もちろん、買った後には買い取りの連絡はなく、仮に連絡がとれたとしても「では、金を用意して連絡するので待っててください」と引き延ばされ、最後には姿を消してしまうのが常道だ。

 

【詐欺解説】詐病詐欺

社会保障制度を利用し、鬱病と偽って傷病手当金を詐取するのがこの詐欺の正体である。

病気には医師であっても判断が難しいものがいくつかあり、そのひとつが精神系統疾病である。

 

なにしろ外傷があるわけでもなく、レントゲンやMRIといった装置による診断ができないのだから、基本は問診になってしまう。

医師は患者の状態や受け答えから判断するのだが、鬱病患者の特徴を相手が熟知していたならば、詐病を見破るのは難しい。そこを利用した犯罪である。

 

もともと医療系詐欺は保険金を狙ったものが多く、場合によっては病院側まで加担しているケースも存在する。

保険適用期間が過ぎる前に別の疾病が判明して、さらに保険適用がなされるといった手法で、発覚すれば当然詐欺になる。

仮に医師が治ったと判断しても、本人が痛みがあるといえば治療を継続することもよくある。

ムチウチのような自己申告が有用な症状では珍しいことではない。

 

保険会社側も、自傷行為詐病に対しては厳しいチェックを行うようになっているが、社会保険の場合は公的保険のため、チェックは比較的甘い。

狙うのは無論、その甘さである。公的なものほど「お役所仕事」で杜撰になりがちである。

 

ストレス社会になり、鬱病が大量に増えていることから、今後も同様の詐病犯罪は続いていくと思われる。

また、気を付けたいのは「人間関係で狙われる」可能性があることだ。

上司のイジメで鬱病になったと訴えられることだってあるだろう。それが詐病だったとしても、見抜くのは難しい。

 

無関係であると証明するためには、日常の行動が重要になる。

しかし、人の心、そのすべては残念ながら科学で覗くことはできないのだ。

【詐欺解説】投資顧問詐欺

FXであれ、なんであれ、投資はすべて博打である。

ハイリスク・ハイリターンが基本であり、気軽にできるものでは本来はない。

 

無責任な評論家や一部マスコミが煽りに煽ったことで「誰でも簡単に儲かる」という誤ったイメージが広がっている。

誰かが得をすれば、誰かが損をするという基本原則すら忘れられてしまっている。

その結果、軽い気持ちで手をだし、痛い目にあうこともままあるのだ。

 

そのような状況下だからこそ、「私に任せておけば大丈夫」という詐欺師が出てくるのはむしろ当然かもしれない。

こういう詐欺師は道具立てをしっかりとしてくる。

詐欺は中身よりも見かけが大切であるから、家にしても外観が立派で奥行きよりも横幅、つまり見た目の広さを重視する。

流行の場所に事務所を構えるのも基本中の基本で、東京ならミッドタウン辺りが多くなる。

 

自信に満ち、高級ブランドを身にまとい、話題の場所に事務所を構え、立派な邸宅に住む。

この「見かけ」こそが相手を騙すための重要な要素になっているのだ。

 

多くの投資・出資系詐欺と同様に、初期配当を行うことも共通した特徴。

集めた金の一部を返却しているだけに過ぎないのだが、出資した側からすれば「本物」に見えてしまう。

 

十億集めれば、そのうち一割を配当に使っても九億が手元に残る。

仮に五億使っても五億残るのである。

詐欺師にしてみればまさに「濡れ手に栗」だ。

 

それにしても、こうした金融商品に手を出す人が多すぎる。

どんな内容、どんな名称であっても、こんなものはすべて相場と変わらない。

そして、相場に手を出して成功した人は少ない。

確かに個人トレーダーで大金をつかんだ人もいる。

だが、その背後には大量の敗者がいるわけで、自分がそちらにならない保証はどこにもない。

 

こうした詐欺に騙される人は、要するに「絶対に勝てるギャンブル」がある思っているようなもので、その段階で博打打ちのセンスも無いのだ。

そんな人が増え続ければ手数料で儲けている会社だけが笑い続けるという絶対原則がこれからも続き、ますます繁盛するのだろう。

 

なんとも情けない話である。